日栄商工の誇る防水施工技術~防蟻工事~


こんにちは。

来週の木曜日は祝日「勤労感謝の日」ですね。

戦前、11月23日は「新嘗祭」といって、農作物の恵みに感謝する日でした。

肉体的な労度によって生産することのみに収支するものではなく、精神的な方面においても一日一日を真剣に考える日でもあります。

日々の勤労をねぎらいつつ、国民がたがいに感謝しあう日です。

 

■白アリ防除・駆除工事いついて

住宅の深刻な問題に発展する白アリの被害。

しかし白アリを防ぐといっても、どのようにするのが良いのか。またどんな風に工事をするのか、全くピンときませんよね。

さて、今回は日栄商工の誇る、代表的な4つの「防蟻工事」についてお知らせします。

 

 

・「薬剤散布」

特長:低揮発性・低臭性・低刺激性・長い持続効果。

主な施工建物:外壁木曽外側土壌、床組、外壁、柱、床下の土間、木部

 

非忌避性かつ遅効性のある薬物を散布することで、持続的に白アリを防ぎます。

成分の蒸発製が極めて低く、拡散しにくいため、居住者にも安全な方法です。

 

・「外周処理」

特長:床下スペースに制約されない施工。

主な施工建物:建築物の外壁基礎外側土壌部。

 

外壁の基礎の外側土壌部に薬剤処理を行い、地中から進入する白アリを予防・駆除す施工方法です。薬剤に触れた白アリが巣穴へ戻ることによって、伝播効果も期待できます。

 

・「パイプ設置注入」

特長:容易で低コストな住宅の長期保障。

主な施工建物:外壁基礎周辺

 

新逐次に外壁基礎周辺にパイプを設置し、5年サイクルで薬剤を注入する防アリ施工法です。薬剤の再注入を容易に行うことができ、住宅の長期保障に最適です。基礎断熱外張工法の建物や、集合住宅に対して高い効果を発揮します。

 

・「粒剤施工」

特長:薬剤の処理量調節が容易

主な施工建物:外壁基礎周辺、配管部

 

粒状の薬剤を場所に合わせて配置する防アリ工法です。白アリの侵入経路には、集中処理など、薬剤の処理量をコントロールしやすく必要最低限に抑えることができます。

 

 

■既設と新築だとこのように施工方法がわかれます

既設

新築

薬剤散布
パイプ設置注入
外周処理
粒剤施工

 

そのほかにも「調湿剤」と呼ばれる備長竹を床下に設置することで、湿度をコントロールし、白アリやカビの発生を抑制する方法や、換気扇を設置し、床下を強制換気する方法などございます。

また、白アリ保険などアフターサービスも充実しています。

どの方法が、住宅によりよい効果をもたらすかは、弊社ベテランスタッフが提案をさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

日栄商工の誇る防水施工技術~ウレタン防水~


こんにちは。

11月に入り、一気に冬らしくなりました。

10月に続いた長雨と、週末に爪あとを残した台風の影響で住宅も相当なダメージを負ったのではないでしょうか。

 

そこで今回は「ウレタン防水」についてお知らせします。

 

 

□ウレタン防水とは

ウレタン防水とは、マンションや陸屋根などの平らな屋上に行う防水工事のひとつです。

液体状のウレタン樹脂を複数回塗ることでつなぎ目のない防水層を形成し、雨水の浸入を防ぎます。

施工も簡単なうえに、安価なので最も主流な改修用防水工事です。

液体状のため、屋上、ベランダ、バルコニーなどどんな形状の場所にも採用

できます。

86591df15e218817ca4075bef85fe3b7_s

 

ただし人の手で塗るため、専用の機器を使用しない限り完全に均一な厚みにはなりません。

また乾燥にも時間がかかり、その間は歩けないので、マンションの廊下など施すには不向きです。

デザイン性がないという懸念点もありますが、性能的に目立った短所はありません。迷ったらウレタン防水と言っても過言ではないでしょう。

 

□ウレタン防水の注意点

ウレタンはホームセンターやネットでも販売されています。

材料を揃えて自分で改修することも可能ですが、基本的には業者にお願いしましょう。

また、業者を選ぶ際にも3社以上にお見積もりを取ることをおすすめします。

なぜなら、ウレタン防水は道具さえあれば改修できてしまうスタンダードな防水工事で、専門的な知識がなくても出来てしまうためです。

 

またきちんと工事を行わないと、被害が拡大することもありますので業者に頼む際はしっかりと見積もりを取り、業者任せにしないでしっかりと自分の目で確認することが大切です。

 

□工事後の注意点

工事保障やメンテナンス、アフターフォローなどのサービスを充実させている業者が多いです。そのあたりもチェックしましょう。

また、保証期間は何年なのか、またなぜその期間なのかをはっきりさせ、必ず書面で出してもらいましょう。

口頭だけの約束は、後々何かあったときのトラブルになりかねません。

 

 

◆日栄商工のつよみ=技術力×提案力

 

いかがでしょうか。

沢山の特長を持つFRP防水工事は、日栄商工の主力技術の1つです。

 

 

日栄商工のつよみは最先端で確かな施工技術と、経験豊富なスタッフによる適材適所の提案力です。

雨漏りでお困りのお客さま、雨漏りの疑いがあるお客さま、築年数が経ち住宅の点検をお考えのお客さま。

お気軽に日栄商工へお問い合わせください。

 

 

日栄商工の誇る防水施工技術~FRP防水~


 

 

こんにちは。

最近はグッと気温も下がり、冬の足音が聞こえてくるようです。

寒暖差が激しく、体調を崩しやすい時期ですので皆さま体調にはお気をつけください。

 

 

今回は日栄商工株式会社が年間約5000棟の施工数を誇る、防水工事の中から「FRP防水」という施工方法をご紹介しようと思います。

 

 

 

◆FRP防水とは

 

FRPはFiberglass Reinforced Plasticsの略称で、「ガラス繊維とポリエステル樹脂を混ぜ補強されたプラスチック」という意味です。

FRPは強度・耐水性・成型性などに優れており、防水工事以外にも船や自動車などにも使用されています。

 

 

そんなFRPの特性を防水分野に応用したFRP防水の特長はどんなものがあるのでしょうか。

 

 

 

◆FRP防水の特長

 

●耐久性・耐水性・耐食性・耐熱性・耐候性

FRP防水で使用されるFRP塗膜は、3~5kg/㎡ほどの軽量でありながら補強材を混ぜることで耐久性に優れています。

また風化や熱にも強く、耐食性・耐熱性にも優れています。

この強靭さを活かし、車両の走行にも耐えられるため屋上駐車場の防水工事で多くの実績があります。

 

●速硬化性によるスピード施工

FRPに含まれる樹脂の硬化速度は非常に速く、施工後1~2時間程度で塗膜が形成されます。

耐久性を上げるために重層仕様にしても、1日で施工を完了させることができるスピードも特長の1つです。

 

●見た目が綺麗

FRP防水は上述のように塗膜防水なので、シート防水とは違い繋ぎ目がありません。

その為、施工後の外観も美しく仕上がる点が特長と言えます。

 

 

 

◆日栄商工のつよみ=技術力×提案力

 

いかがでしょうか。

沢山の特長を持つFRP防水工事は、日栄商工の主力技術の1つです。

 

 

日栄商工のつよみは最先端で確かな施工技術と、経験豊富なスタッフによる適材適所の提案力です。

雨漏りでお困りのお客さま、雨漏りの疑いがあるお客さま、築年数が経ち住宅の点検をお考えのお客さま。

お気軽に日栄商工へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋雨について


まだ10月だというのに、真冬のように寒い雨の日が続いていますね。

日本での長雨といえば6月から7月頃にかけて降る梅雨のイメージが大きいですが、

この時期に降る秋雨も、梅雨と同じくらい雨の日が続きます。

 

平成以降、運動会が秋ではなく春に行われるようになった理由のひとつに、

この秋雨があります。

今回はその「秋雨」と「秋の運動会」についてお伝えしていきます。

 

1

 

■秋雨ってなに?

秋雨(あきさめ)は、地域によって多少異なりますが、8月後半から10月頃にかけて降る長雨のことで、秋霖(しゅうりん)やすすき梅雨ともいいます。

夏から秋に季節が移り変わるとき、夏の間のあたたかい空気が南へ移動します。

そして大陸側の冷たい空気が日本海側へ張り出してきたために、二つの空気がぶつかり合います。そのぶつかりあった地点を、秋雨前線といいます。

 

2

 

 

■秋雨前線の特長

秋雨前線は、6月頃に長雨を降らせる梅雨前線と似ていますが、梅雨前線ほど長続きせず、西日本より東日本のほうが多く雨が降る傾向にあります。

また、秋雨は梅雨ほど明確な入りと明けの定義がありません。

雨の日が続いているとなれば、それが秋雨と呼ばれます。。

そして、秋は台風の発生しやすい時期でもあり、台風の影響が加わると大雨を降らせます。

 

3

 

 

■どうして運動会は秋だったの?

もともと運動会は学校内の行事ではなく、地域ぐるみで行う行事でした。

そのため農家の繁忙期である田植えの季節や、稲刈りの季節を避けて行われていたといわれています。

現代の運動会は、「防犯対策」から運動会を一般公開しない学校も増えてきています。

 

また、日本は高温多湿の地域でであるため、熱中症対策も兼ねて秋に設定されていました。

 

4

 

 

■春に行われるようになった理由は?

さまざまな理由から秋に開催されていた運動会ですが、近年は春5月から6月頃に開催される地域が多くなっています。

それは先述したとおり、秋は秋雨前線と台風の影響で日程調整が難しいから。

 

それに加えて、遠足・修学旅行・文化祭など秋の開催される行事が多いことや、

中学受験、高校受験を控える子供に、受験勉強に専念させるためや、

一年の早いうちからクラスの結束を高めるためといった目的もあります。

 

運動会が秋から春に変わってしまうほど、秋に天気は予想するのが難しいのですね。

 

「女心と秋の空」といわれるほど、

秋の天気は移りかわりが激しい季節です。

身体への負担も大きいですが、住宅の負担はどうでしょうか?

本格的な冬を迎える前に、きちんと対策を取っておきたいですね!

 

日栄商工では、直接お客様のご自宅にお伺いし、状況を把握した上で工事内容を決定します。

お気づきの点がございましたらまずはご相談ください。

 

 

フロア改修工事に伴う電話・FAX回線の一時不通のお知らせ


 

平素より格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

日栄商工株式会社では、フロア改修工事に伴い下記日時にて当社電話・FAX回線が一時不通となります。

お客様各位には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承頂ますようお願い申し上げます。

翌営業日の10月16日(月)8:00~より、復旧を予定しております。

 

なお、業務に関する緊急のご連絡につきましては、大変恐れ入りますが、

各担当の携帯電話まで直接ご連絡をお願い致します。

 

【不通日時】

10月14日(土) 終日

どうしてお天気雨のことを「狐の嫁入り」というのでしょう?


10月に入ってしまいました!

あと2ヶ月で2017年も終わってしまうと考えたら、時の流れを感じます。

今年に悔いを残さないようにすごしたいですね~!

 

さて今日は「狐の嫁入り」についてお話します。

「狐の嫁入り」とは、太陽が出ているのに突然振ってくるやさしい通り雨のこと。

これを「狐の嫁入り」や、「お天気雨」、「日照雨(そばえ)」と言います。

日本では雨に関する言葉が数多くありますが、その中でも実に不思議な名前です。

 

ではなぜ「狐の嫁入り」と言うのか。

いくつかある諸説を紹介します。

 

3

 

 

諸説その1 狐を生贄にした説

昔、ある村で日照りが続き、農作物が育ちませんでした。

村人達は困り果てて、何か算段は無いかと考えます。

「やはり雨乞いの儀式をするしかないだろう。」

「では生け贄はどうするのか。」

「人に化けるのが得意な女狐がいる。」

「迷惑だから、あれを生け贄にしよう。」

そんな流れで村人達は、狐を生け贄にしようと企てました。

 

村で一番男前の若者が女狐に近づき、結婚話を持ちかけます。

嫁に来たら、殺して生け贄にするという計画でした。

 

しかし交流を重ねるうちに、お互いに心を通わせるようになります。

そして狐は、若者の本当の目的に気づいてしまうのです。

 

 

嫁入りしたら自分は殺されてしまう、そうわかっていても狐は嫁入りを決意します。

若者のために自ら生け贄となる道を選んだのです。

すると村には恵みの雨が降り注ぎました。

そんな悲しい伝説がもとになっています。

 

2

 

 

諸説その2 雨で狐を隠している説

 

狐も人間のように、嫁入り行列を作るというお話。

親戚そろって行列を作ると、とっても目立つし人間にも見つかってしまいます。

 

狐たちは自分たちの姿を隠すために、雨乞いをして雨を降らせます。

しかし雨が降るのは自分たちの周りだけ。

狐は雨の中に隠れているので、人間の目には不思議に降る雨だけが残ります。

 

狐は豊穣の紙であるウカノミタマノカミ(稲荷大名神)の使いであることから、

農作物に欠かせない雨を降らせることができると考えられていたのでしょう。

なので狐の嫁入りが降った年は縁起が良い、豊作になるといわれています。

 

 

その他 世界の狐の嫁入り

 

こういったお話は日本特有なのかと思われますが、

実は世界中でも晴れの日に降る雨のことを「狐の嫁入り」というところもあります。

マレーシア語ではそのまま「キツネの嫁入り」 (kurukkande kalyanam)ですし、

韓国語も「キツネの雨」 (ヨウ・ピ)と言います。

狐は世界中で不思議な動物とされていたのですね。

 

1

 

 

いかがでしたでしょうか。
狐の嫁入りのような優しい雨でも、雨漏りになる可能性は十分にあり得ます。
突然の雨漏りでお困りの際は、日英商工にご相談ください。
お待ちしております!

 

床下には湿気がいっぱい!?知らなかった床下環境とは?


 

雨漏りで被害が大きい床下。

実際に床下はどんな環境なのでしょうか。

今回は床下の環境について見ていきましょう。

 

42c801e33126dbc3bb13bd0eae9e93ce_s

 

床下は空気の入れ替えが激しく、密閉されています。

床下の換気が不十分になると湿気が高くなり、床下の木材の含水率が上がります。含有率が高くなると、腐朽菌が繁殖し、土台に使われた木材が腐ってしまうと、強度が低下し、住まいそのものの強度が失われてしまいます。

 

キッチンや洗面所、浴室などの水回り部分の床下は、特に湿気が溜まりやすい傾向にあります。そのため、床下の中でも特にカビや腐朽菌が繁殖しやすくなるので、注意が必要です。

DJ121

 

では何故、床下の湿度は高いのでしょうか。

それには以下の4つの原因があります。

 

1.床下の地面からの水分の蒸発のため

 

2.冬季の上部の建物側との境界に発生する結露のため(冬は室内側の床が暖かいため、地面側に水蒸気がたまる)

 

3.床下換気口などから浸入する水分のため(床下換気口の位置が低く雨水が流入など)

 

4.床下を通る給排水管からの漏水のため

 

 

これらの問題への対策としては、床下換気や防湿コンクリートの打設、べた基礎の採用などがあります。

414fc752d3f510ea1355c4568050aa5c_s

 

さまざまな原因から湿気がこもりやすい床下。

きちんとした対策を取って快適な暮らしを送りたいですね!

 

日栄商工では、直接お客様のご自宅にお伺いし、状況を把握した上で工事内容を決定します。

まずはお気づきの点がございましたらご相談ください。

雨漏りが起こりやすい家の特徴って?


 

9月の終盤に差し掛かり、いよいよ秋らしい気候となってまいりました。

街中はすっかりハロウィン仕様ですね。

気温差が激しく体調を崩しやすい時期です。

楽しみすぎて生活リズムを崩さぬよう、くれぐれもお気をつけください。

 

さて今日は、雨漏りしやすい家の特徴についてお話しようと思います。

雨漏りが起こりやすい家と、全く起こらない家、その違いはどこにあるのでしょうか?

また、今後家を建てたり購入したりする人はどんな点に気をつけたら良いのでしょうか。

 

【雨漏りしやすい家の特徴①デザイン重視】

 

雨漏りは古い家でのみ起こると思っている方も多いですが、

実は比較的新しい家で雨漏りが発生するケースが増えています。

特に注意したいのが、「軒なし住宅」です。

「軒ゼロ住宅」とも言います。

 

 

1

 

 

この模型のように、屋根が外壁から張り出していない家を「軒なし住宅」といいます。

 

 

軒なし住宅はすっきりとしたデザインで、若い世代に人気がありますが、

雨が外壁を伝って地面に流れるため、雨漏りのリスクが通常の5倍になります。

また、軒なし住宅は窓も守られていないので、窓からの雨漏りにも気をつけなくてはなりません。

 

 

【雨漏りしやすい家の特徴②バルコニー】

 

雨漏りは屋根からだと思っている人が多いですが、窓枠から起きるケースもあります。

つまり大きな窓枠が必要なバルコニーは雨漏りが起こりやすい場所です。

常に雨風にさらされるので、施工工事が万全でも段々と被害が拡大していくこともあります。

 

ちなみに「バルコニー」は、2階以上に張り出した屋根の無い手すり付きの場所のことをいいます。

屋根がある張り出した場所は「ベランダ」。

1階から突き出した屋根のない場所を「テラス」と呼びます。

日本ではたまに、1階で屋根がついているものも「テラス」と呼びますが、本来は間違った使い方です。

2

ここで紹介した2つ以外にも、雨漏りが起こりやすい家の特徴はありますが、

一番大切なのは、日本の気象条件にあった住宅を選ぶことです。

たとえば昔ながらの日本家屋は、雨をしのぐために軒を大きく取っていました。

日本は昔から雨の多い国なので、こういう工夫を住宅に施していたのですね。

 

デザインだけのメリットで家を選ぶと、後に大変な被害が出てしまうこともあります。

見た目だけでなく、機能性も重視しましょう。

 

日栄商工では、様々な方法で雨漏りの点検・修繕を行っています。

雨漏りでお困りのかた、また少しでも異変を感じたかた、お気軽にご相談ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

雨を題材にした和歌


こんにちは。

朝晩は冷え込む秋らしい気候になってきました。

この間まで厳しい暑さが続いていたのが嘘のようですね。

こうも寒暖差が激しいと、身体に異変を感じる方も少なくないでしょう。

みなさん体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

 

日本は古来より「長雨」の国です。

春・夏・秋で、それぞれ続いた長い雨の名称があります。

春は「春雨」もしくは「春霖」

夏は「梅雨」

秋は「秋雨」といったように。

 

そんな雨のことを、先人たちはどのように捉えていたのでしょうか。

今回は万葉集と百人一首より、雨を詠んだ歌をご紹介します。

 

■「ひさかたの雨も降らぬか 雨障(あまつつ)み 君にたぐひて この日暮らさむ」

作者:不明

意味:雨でも降ってくれたらいいのに。外に出ずにあなたに寄り添い、今日一日を過ごしましょう。

 

現代のような便利な雨具がない時代、雨が降れば人は家の中で過ごすしかありませんでした。

雨が降ったらずっと君と居られるのになあ、そんな気持ちを込めた甘い歌です。

 

1

 

ちなみに「ひさかたの」は、天(あめ)、雨、月など空に関係する言葉を導く枕詞です。

また、夫が妻の家に行く「通い婚」だった平安時代は、「雨だから会いに来てくれない」と嘆く歌や、「雨が降ったから来てくれないのですね?」といった皮肉の歌が多く残されています。

 

■「村雨の 露もまだひぬ 槇(まき)の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ」

作者:寂蓮法師

意味:にわか雨が通り過ぎて行った後、まだその滴も乾いていない杉や檜の葉の茂りから、霧が白く沸き上がっている秋の夕暮れ時である。

 

この歌は「にわか雨」が降った秋の夕暮れの幻想的な景色を詠んでいます。

「村雨」とは秋に降る「にわか雨」のこと。

いかにも日本らしい表現ですよね。

2

 

この歌を百人一首に選んだ藤原定家は、秋を愛し、恋の歌に優れた歌人だったと言われています。

雨は憂鬱な気分になりますが、降ったあとの世界は美しく見える。そんな心の余裕を持っていたいものです。

 

■「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」

作者:小野小町

意味:桜の花の色は、むなしくも色あせてしまった。春の長雨が降っている間に、ちょうど私お美貌が衰えたように、恋や世間のもろもろのことに思い悩んでいるうちに。

 

3

 

これは言葉に二重の意味が掛けられている技法的な歌であり、

言葉で言い表している意味を超えて感じられる情緒、イメージの広がりを感じさせる歌です。

「世にふる」は「降る」と「経る」が掛けられていて、「ずっと降り続く雨」と「年をとっていく私」という2重の意味が含まれます。

「ながめ」は「長雨=雨が降り続いている間に」と「眺め=物思いにふけっている間に、思い悩んでいるうちに。」、といったように31文字で様々な意図を案じているのです。

 

小野小町と言えば平安時代を代表とする女流歌人で、絶世の美女として多くの逸話が残されていますが、そんな彼女でさえ昔は良かったなあなんて思うものなのですね。

 

4

いかがでしたでしょうか。

日本には雨にまつわる和歌、そして言葉が多く残されています。

それほど雨が生活に身近だったのでしょう。

今度雨が降ったら、家の中で和歌をたしなんでみてはいかがでしょうか。

 

 

日栄商工では、様々な方法を使って雨漏りの点検・修理を行っています。

雨漏りでお悩みのかた、また少しでも異変を感じたかた、お気軽にご相談ください。

おまちしています。

 

日栄商工の防水工事


こんにちは。

この間梅雨明けしたかと思ったら、もう夏も終わりに近づいています。

夏の終わりは毎年、切ない気持ちになりますね。

 

さて、今回は日栄商工の防水工事についてお話したいと思います。

 

日栄商工は年間約4,000棟の防水工事を行っており、多くの建築会社様からご依頼をいただいております。

また、蓄えられたノウハウと経験豊富な職人によって、1棟1棟に合わせた最適な防水工事の提案が可能です。

さらに施工後の調査や保証などアフターサービスが充実している点も強みと言えます。

 

その中でも代表的な防水工事を幾つかご紹介したいと思います。

 

1、FRP防水

 

FRP防水はガラス繊維とポリエステル樹脂を混ぜた強度の高い強化プラスチックを使用した防水施工です。

軽量で、耐久性に優れた施工法で、防水のほかに耐蝕性も高い点も特長と言えます。

木造住宅のバルコニーや、浴室、駐車場など幅広い建物に適した防水施工です。

 

図1

 

 

 

2、ウレタン防水

 

ウレタン防水は、主にバルコニーを対象にウレタン材を使用した防水施工です。

低コストで下地の形状に馴染みやすく、施工性が高い点、水密性の高い連続皮膜が得られる点が特長といえます。

 

図2

 

 

3、シート防水(塩化ビニール・ゴム・アスファルト)

 

塩化ビニール樹脂で作られたシートを使用した防水施工です。

接着剤を使用し下地に貼り付ける密着工法と、ディスク版などで固定する機械固定工法があります。

塩化ビニールを使用しているので、高い伸縮性と耐摩耗性に優れている点が特長と言えます。

 

図3

 

 

 

4、シーリング工事

 

外壁やキッチン、浴室の目地(タイルなどの繋ぎ目)からの浸水を防ぐ防水施工です。

場所や用途によって様々な種類から適したシーリング工事を選択することができる点が特長と言えます。

 

図4

 

 

 

 

この他にも、

ポリマーセメント系塗膜防水、外壁注入、クラック補修、漏水止水注入、透明塗膜防水、長尺シート、タイル浮き補修、塗床、地下防水、屋上緑化工事など

様々な防水施工技術があります。

 

 

 

このように様々な施工法の中から建物の状況に合わせた最適な防水工事を提案し、確かな技術力によって防水工事をおこないます。

雨漏り・漏水でお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽に日栄商工へお問い合わせください。

お待ちしております。

 

 

 


NICHIEI GROUP

  • 日栄商工株式会社
  • 株式会社ニチエー
  • 株式会社ハイレンハウス

〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-23-7

TEL:03-3779-4661 FAX:03-3779-4787