もうすぐシロアリシーズン!セルフチェックポイント


今回は雨漏り予防・水漏れ工事から離れ、もうすぐシーズンを迎えるシロアリ駆除のチェックポイントについてです。
2月も中盤に差しかかり、春の到来とともにやってくるのがシロアリです。

 

羽アリを見かけたらシロアリに注意!

 

シロアリの活動ピークは、一般的に4月~7月です。

生息範囲のひろいヤマトシロアリの羽アリの活動時期は4~5月がピークを迎えます。
ただし羽アリが家から飛び立ったとしても、いなくなった訳ではありません。
家のなかには、冬眠しないシロアリが1年中生息して住宅を蝕んでいます。

つまり、羽アリが発生する時期に、羽アリを見つけた場所に近くに巣があるという訳です。

そして住宅にのこったシロアリは、湿った木材が好物のため、直後の梅雨時期に侵食が進んでしまいます。

 

近所のひとからシロアリ被害を聞いたら注意!

 

日本で最も生息範囲が広いヤマトシロアリよりも、最も加害の激しいイエシロアリに要注意です。

イエシロアリの特徴は、

木造の住宅だけでなく、コンクリート造りや立木にも加害を及ぼす点。

ヤマトシロアリよりも大きな巣(1つの巣に約100万匹)を形成する点。

が挙げられます。

 

つまり、近所の人からシロアリ被害・シロアリ駆除の工事をしたなどの話を聞いたら、

詳細を訪ね我が家にも発生していないか確認するようにしましょう。

 

自分でできるシロアリ被害チェック項目

 

続いて自分でもできるシロアリ発生のチェック項目を以下にご紹介します。

 

  1. 壁や柱を叩くと空洞音がする。:シロアリに侵食された木材は内部が空洞なります。
  2. 廊下などの床を歩くとギシギシと音がする。空気の流れを嫌うシロアリは、木材の内部を空洞に侵食しながら進みます。
  3. ふすまや扉などの建て付けが悪くなった。:住宅の重要部分を侵食されると、扉などの建て付けが悪くなります。
  4. 雨漏りをしている。:シロアリは含水量の多い木材を好物としています。
  5. 基礎や土台部、柱や壁の割れ目に土で盛られたような固まりがある。:シロアリは蟻道と呼ばれる道を作り、その中を進みます。

 

そのほかにも、

 

  1. 住宅の建築から10年以上経過している。
  2. 前回のシロアリ予防工事から5年以上経過している。
  3. 最近リフォーム・増築をした。
  4. 基礎断熱工法で建てられた住宅である。

 

などがシロアリに狙われやすい環境です。

 

 

セルフチェックよりもプロによる点検がおすすめです。

 

今まで自分でもできるシロアリ発生の確認ポイントを紹介してきましたが、

やはり、プロの目と技術をつかってチェック・点検をおこなった方がいいのは言うまでもありません。

日栄商工では、経験豊富なスタッフにより入念な点検をおこないます。

もしや、と思ったらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

よろしくお願い致します。

雨漏り修理/雨漏りかもしれないと思ったらチェックすること!


今回は、ご自宅の雨漏りのセルフチェックポイントをご紹介致します。

「家を建ててから十数年経っている・・・。」

「この前の台風でお家は大丈夫かな・・・?」

 

そんな心配がよぎっても、

専門業者に点検を頼むのが面倒だったり、余計なお金がかかりそうって思いますよね。

 

そこで今回は業者に点検依頼をする前のセルフチェックポイントをご紹介しようと思います。

 

自分でできる雨漏りチェックポイント!

  1. 屋根
  2. 外壁
  3. サッシ周り
  4. 排水口

 

1、屋根について

屋根は素材や形状によって、チェックの仕方が異なります。

ご自宅の屋根に当てはまる確認方法をお試しください。

 

瓦屋根の場合:瓦の欠け・割れ箇所があるか。

瓦屋根の場合は、瓦の破損部から雨水に侵入されてしまいます。大きく破損している屋根がないかを確認してみましょう。

 

トタン屋根の場合:サビが多くないか。

トタン屋根の寿命は約10年とされていて、主にサビによる劣化が雨漏りの原因になってしまいます。

サビが多数発見されるようでしたら、再塗装を検討されるといいでしょうか。

 

スレート屋根の場合:寿命がすぎていないか?

スレート材の寿命は約15~20年ほどで、劣化するとヒビ割れや錆が発生します。

まずは建築から何年経っているかをチェックしましょう。

 

2、外壁について

外壁で確認する点は、ヒビ割れと変色です。

新築でも、劣化以外では地震によって外壁にヒビ割れが起きる可能性もありますので、定期的に確認してみるといいでしょう。

また外壁つなぎ目のシーリング剤の劣化によって雨漏りが起きる可能性もありますので約10年サイクルで打ち直しが必要です。

 

3、サッシについて

窓などのサッシ周辺も雨水が侵入しやすい箇所です。

外壁とサッシ周辺を埋めるコーキング剤の寿命は約10年とされていて、劣化がはじまると剥がれてきてしまいます。

また時々あるのが防水テープや防水シートのつけ忘れ、施工不良です。

注目してチェックしましょう。

 

4、排水口について

ベランダにある排水口など、水を流す経路が機能しているかを確認する必要があります。

配管にゴミや落ち葉が詰まっていると、経路が機能せず水が溜まることによって、雨漏りの原因になってしまいます。

 

 

おすすめの対策

雨漏りの修理は、軽度なものなら自分で行う事も可能です。

ですが、今後のことを考え修理をしておく方が建物によってはベストな選択である事も多く、

プロに相談してみるのが一番確実な方法です。

 

日栄商工株式会社では、

年間約5,000棟以上の施工経験をいかし、技術力と提案力を兼ね備えたスタッフによる点検を承っております。

まずは、問い合わせページよりお気軽にお問い合わせください。

 

 

雪にまつわる歌について


新年明けまして、おめでとうございます。

年末から年明けにかけて、冷え込む日が続きましたが

皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

2018年最初のお知らせは、雪にまつわる歌についてです。

以前雨についての歌をご紹介しましたが、日本は雨に続き雪も多く降る豪雪地帯です。

今シーズンははやくから各地で大雪の知らせが届いていました。

そんな雪を、先人たちはどのように捕らえていたのでしょうか。

今回は、雪にかかわる歌を5つご紹介します。

 

 

■朝ぼらけ 有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪

作者:坂上是則

意味:明け方、空がほのかに明るくなってきた頃、有明の月かと思う程明るく、吉野の里に白々と雪が降っている。

 

夜中に雪が降ると、まるで満月のときのように外が明るいのは

月明かりを反射しているからでしょうか。

そんな明け方の雪の、幻想的な情景を詠っています。

坂上是則は、11世紀に藤原公任が選んだといわれる三十六歌選のひとりで、

この歌は有名な小倉百人一首にも採られています。

 

50ac532c85e53f4d85b0f9664c60ed28_s

 

■霞たち このめもはるの雪ふれば 花なき里も花ぞ散りける

作者:紀貫之

意味:春霞が立って木の芽の出てくる春の雪が降れば、花がない里でも(雪の)花が散っている。

 

春だというのにまだ雪が降る・・・それを愚痴ではなく、花のように舞い散っているとたとえた美しさは、情緒あふれる紀貫之らしい歌ですね。

紀貫之も同じく、三十六歌選に選ばれています。

 

dd070ec3734c35a7c3c88148216c48c9_s

 

■うち霧らし 雪は振りつつしかすがに 我ぎ家の苑に鶯無くも

作者:大伴家持

意味:空一面を霞ませて雪は降り続いているけれども、私の家の園では鶯が鳴いている

 

雪が降り続く中でも、確実に春が近づいている情景を詠った歌です。

大友家持は万葉集の編者ではないかとも言われている人物ですが、この歌は万葉集いにて、記録にのこっている家持の詠んだ歌でもっとも初期の歌だといわれており、拙さの中に若々しい才能を感じれらる一首だと言われています。

 

■しら雪の ふりてつもれる山里は すむ人さへや思ひきゆらむ

作者:壬生忠岑

意味:白雪が降って積もっている山里は、住む人さえ思いが消えていくのだろうか。

 

冬の寒い日は、自然と早足になってしまうものですが、そんな冬のどこか冷たい人々の荒んだ心を詠ったどこか悲しげな歌です。

紀貫之の、雪を花に例えた歌とは対照的ですね。

壬生忠岑も三十六歌選のひとりですが、小倉百人一首に選ばれていないことからあまり知られていない歌人です。

 

bf494707a7fee3bdd6e66e981979ac1c_s

 

■雪のうちに 春は来にけり鶯の こぼれる涙いまやとくらむ

作者:藤原高子

意味:雪が降っているうちに春がきたのだなあ。鶯の凍った涙も今は溶けただろうか。

 

この歌はにはさまざまな解釈がありますが、「鶯(うぐひす)」は「憂(う)く干(ひ)ず」の意味もこめられており、乾く間も無かった涙と捕らえることができます。

冬の間は悲しくてしかたなかったけど、春が来た今は溶けて消えてなくなるだろうか。

二条天皇の后であり、陽成天皇の母親である藤原の高子様でも、私たちと同じように春には心機一転したかったのでしょうか。

 

4d40eb84fb7f44d50185f98d75354884_s

 

いかがでしたでしょうか。

冬の歌は春とセットになって詠まれることが多いですね。

現代の日本では、交通機関を麻痺させる、どちらかといえば面倒な天気ですが、

昔の人たちのように、その情景に触れてみてれば、もっと違った捉え方ができるかもしれません。

 

日栄商工では、様々な方法を使って住宅の点検・修繕を行っています。

突然の雪で住宅の安全が不安だなと思った方、ぜひお気軽にご相談ください。

お待ちしております。

日栄商工の「住宅トータルサポート」


こんにちは。

関東では晴れの日が続きますが、最高気温が10度に満たない乾燥した寒い日が続きますね。

都心でもインフルエンザが流行りはじめ、小学校や幼稚園などで学級閉鎖となったところもあるそうです。

電車の中など人ごみではマスクをし、手洗いうがいを心がけるなど体調管理をして、年末年始を迎えたいですね。

 

 

さて、今日は日栄商工の「住宅トータルサポート」についてお知らせします!

日栄商工は創業50年以上の信頼と確かな実績がございます。

建物と住む人の「快適さ」を1番に考えたサービスを提供し、

定期的な点検から施工後の保障まで、トータルでサポートさせていただいております。

 

具体的には下記のサービスを行っております

 

床下・外壁の劣化状況点検

普段、めったに確認することのできない床下や屋根裏。

こちらはシロアリの被害もさることながら、雨漏りの被害や設備関係の漏水など、

何かと環境の変化が激しい場所。

しかも普通に生活をおくっているだけで、気づくような場所ではありません。

 

そんな人の目の届きにくい場所だからこそ、定期的に点検を行うことで劣化状況を把握し、早めの対策を行うことができます。

0605f8d067a344b5a29eda748902e6c4_s

雨漏り散水試験調査

水はさまざまなところからつたって流れてくるため、雨漏りの原因がどこかわかりにくい場合が多いです。

雨漏りの原因調査にはさまざまな方法がありますが、日栄商工では毎回2種類の調査を行っています。

そのひとつが「散水試験調査意」。

実際に散水し、雨漏りの範囲を絞り込んでいくことで、原因を突き止める、一般的な調査方法です。

日栄商工では50年以上にわたる雨漏りの点検調査で培った確かなノウハウがあります。

 

赤外線カメラによる雨漏り調査

雨漏りの原因調査、ふたつめが「赤外線カメラによる雨漏り調査」です。

赤外線カメラにより、家の温度を可視化します。家の温度の変化を「赤外線建物診断技師(厚生労働省認可)」が診断し、的確に雨漏りの原因を特定します。

赤外線カメラによる調査では、目視できない壁の間などの漏水箇所も特定できますので、

散水だけではわからなかった原因も視認することが可能です。

 

 

リフォーム工事

日栄商工では、雨漏りや害虫被害による修繕以外にも。日々環境の変化に耐え劣化していく住宅をリフォームするご提案をさせていただいております。

屋根、外装塗装、内装、水廻りなど、リフォーム工事全般を取り行っております。

 

42b1fa7e31c69818fc32692d466dd279_s

日栄商工は、防水施工だけではなく、建物の修繕もできる日本で数少ない住宅関連工事のスペシャリストです。

雨漏り修理の多くは、「雨漏りの原因をふさぐ防水施工」までで終わってしまいます。

しかし日栄商工では、住宅施工で培った経験と技術により、防水施工はもちろん。

雨漏りで、痛んでしまった「壁や柱などの修繕・補修」まで、トータルなサービスを提供いたします。

 

雨漏りのこと、住宅のことでお困りの際はぜひお声かけください。

お待ちしております。

 

年末年始休業期間のお知らせ


 

平素より格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
年末年始の休業期間について、下記にお知らせ致します。

 

【年内最終営業日】2017年12月28日(木)
【休業期間】2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間中に受付しましたメール・FAX・お問い合わせにつきましては2018年1月5日(金)より順次対応させて頂きます。

意外な落とし穴「冬のカビ」


カビの発症する条件といえば湿気ですね。

湿気の多い季節といえば、雨が長く降り続く梅雨の6月から7月頃。

逆に冬の時期は乾燥をしていて、湿気とは程遠いと思いませんか?

 

しかし現代の住宅は、人間にとって暮らしやすいように改善されていった結果、

カビにとっても繁殖しやすい場所となってしまいました。

今日は、カビにとっても暮らしやすくなってしまった現代の住宅を悩ませる、

「冬のカビ」についてお伝えいたします。

 

 

冬の室温は意外と高い

冬の室内は、意外と湿度が高くなりがちです。

「乾燥しているから」と加湿器をつけたり、

「寒いから」と窓を閉め切ったままだったり、または部屋干しをしたり・・・。

寒さ厳しい冬を健康的に乗り越えるためには必要なことですよね。

そのうえ今の住宅は、機密性が高くなっていることが多いので、

室温を保ちやすく湿気がこもりやすいです。

そのため、カビの繁殖に適した条件が整いやすくなっています。

では、冬のカビ対策にはどのような方法を取ると良いのでしょうか。

50658d32cef54cae90efe37e51ae6f8e_s

 

冬は湿気よりも結露

「結露」とは、空気が含む水蒸気の量の差によって起きる現状です。

私たちが普段吸っている空気には、水が蒸発した水蒸気をいうものが含まれています。

暖かい空気は水蒸気を含みやすく、冷たい空気は水蒸気を含みにくい性質があり、冬の空気が「乾燥している」のも、冷たい空気には水蒸気が含みにくいことが理由です。

 

暖かく、湿度の高い空気が冷えたとき、それまで含んでいた水蒸気が空気ではいられなくなり、水滴となります。

冬の窓ガラスは、外の冷気によってとても冷やされています。逆に室内は暖房などで暖められ、水蒸気を多く含んでいます。

暖かい空気が窓ガラスにぶつかると急激に冷やされ、空気中の水蒸気が水滴となって窓ガラスに付着します。

こういった理由で、冬の窓は結露を起こしやすいのです。

 

この結露を放置しておくと、部屋の中に水滴がたまりやすくなり、周囲にカビが発生する可能性が高いです。

窓枠や窓下のパッキン、窓周辺の壁、カーテンの裾などは、

とくにカビの発生しやすい要注意スポットです。

cbcbd67722e829a213d7281f722194b9_s

結露は放置しない

結露は見かけたら放置しないことが大切です。

すぐにふき取り、換気・乾燥させることが何よりの対策になります。

 

また、冬の寒い時期でも換気を忘れないようにし、空気の流れを浴してください。

寒い時期に長時間窓を開けると、風邪をひいてしまいますので、できれば昼間の陽が高い時間にするのがベストです。

 

 

カビの一番の対処方法は、換気をする・結露をほおっておかないことです。

でき得る対処をして、住宅を大切に保ってあげてくださいね。

すでカビや、シロアリの被害などでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

弊社ベテランスタッフが、お客様のお悩みにあった改善案を

ご提案させていただきます。

 

日栄商工の誇る防水施工技術~シーリング工事~


 

こんにちは。

11月も後半に差し掛かり、本格的な冬がはじまった様な気候が続いています。

体調を崩しやすい時期ですので皆さま体調にはくれぐれもお気をつけください。

 

 

さて、今回は日栄商工の誇る防水施工技術「シーリング工事」をご紹介します。

シーリング工事とは、家屋などのボードとボードのつなぎ目をシーリング材で埋める工事のことです。

 

シーリング工事の主な目的は「すき間を埋めることによる防水性」と「シーリング材が伸縮することによる耐震性」があります。

 

シーリング工事の特長としては、幅広い選択肢が挙げられます。

ま候性が強いシリコン系・密着性が高いウレタン系などのシーリング材を用途と施工場所に分け選択可能であり、

また施工法も複数あり、建築物の状態にあわせて古いシーリングを取り除き、新しく充填する「打ち替え工事」と、古いシーリングの上から新しく充填する「打ち増し工事」があります。

 

どんなに状態の良いシーリング材でも、施工後5年ほど超過してしまうと劣化が始まりますので、定期的な点検をおすすめいたします。

 

 

 

日栄商工の雨漏り工事

建材の腐食、カビ・害虫の発生、ハウスシック症候群の発症、浸水による家財の老朽化、漏電による火災など。

雨漏りを放っておくと、建物にとって想像以上の悪影響を及ぼす事態になりかねません。

 

また雨漏りは天井裏やシーリングの隙間など、目には見えづらい場所にも発生します。

日栄商工では、散水試験や赤外線カメラを利用した雨漏り調査技術を有しておりますので、

「雨漏りの音が聞こえる」「家を建ててからしばらく経った」など、気にかかることがありましたらお気軽にご相談ください。

 

年間5,000棟以上の雨漏り防水工事をおこない、

確かな技術力とノウハウを持つ日栄商工のスタッフがアフターサービスまで考慮した最適な防水工事を提案致します。

 

 

日栄商工の誇る防水施工技術~防蟻工事~


こんにちは。

来週の木曜日は祝日「勤労感謝の日」ですね。

戦前、11月23日は「新嘗祭」といって、農作物の恵みに感謝する日でした。

肉体的な労度によって生産することのみに収支するものではなく、精神的な方面においても一日一日を真剣に考える日でもあります。

日々の勤労をねぎらいつつ、国民がたがいに感謝しあう日です。

 

■白アリ防除・駆除工事いついて

住宅の深刻な問題に発展する白アリの被害。

しかし白アリを防ぐといっても、どのようにするのが良いのか。またどんな風に工事をするのか、全くピンときませんよね。

さて、今回は日栄商工の誇る、代表的な4つの「防蟻工事」についてお知らせします。

 

 

・「薬剤散布」

特長:低揮発性・低臭性・低刺激性・長い持続効果。

主な施工建物:外壁木曽外側土壌、床組、外壁、柱、床下の土間、木部

 

非忌避性かつ遅効性のある薬物を散布することで、持続的に白アリを防ぎます。

成分の蒸発製が極めて低く、拡散しにくいため、居住者にも安全な方法です。

 

・「外周処理」

特長:床下スペースに制約されない施工。

主な施工建物:建築物の外壁基礎外側土壌部。

 

外壁の基礎の外側土壌部に薬剤処理を行い、地中から進入する白アリを予防・駆除す施工方法です。薬剤に触れた白アリが巣穴へ戻ることによって、伝播効果も期待できます。

 

・「パイプ設置注入」

特長:容易で低コストな住宅の長期保障。

主な施工建物:外壁基礎周辺

 

新逐次に外壁基礎周辺にパイプを設置し、5年サイクルで薬剤を注入する防アリ施工法です。薬剤の再注入を容易に行うことができ、住宅の長期保障に最適です。基礎断熱外張工法の建物や、集合住宅に対して高い効果を発揮します。

 

・「粒剤施工」

特長:薬剤の処理量調節が容易

主な施工建物:外壁基礎周辺、配管部

 

粒状の薬剤を場所に合わせて配置する防アリ工法です。白アリの侵入経路には、集中処理など、薬剤の処理量をコントロールしやすく必要最低限に抑えることができます。

 

 

■既設と新築だとこのように施工方法がわかれます

Screenshot_1
そのほかにも「調湿剤」と呼ばれる備長竹を床下に設置することで、湿度をコントロールし、白アリやカビの発生を抑制する方法や、換気扇を設置し、床下を強制換気する方法などございます。

また、白アリ保険などアフターサービスも充実しています。

どの方法が、住宅によりよい効果をもたらすかは、弊社ベテランスタッフが提案をさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

日栄商工の誇る防水施工技術~ウレタン防水~


こんにちは。

11月に入り、一気に冬らしくなりました。

10月に続いた長雨と、週末に爪あとを残した台風の影響で住宅も相当なダメージを負ったのではないでしょうか。

 

そこで今回は「ウレタン防水」についてお知らせします。

 

 

□ウレタン防水とは

ウレタン防水とは、マンションや陸屋根などの平らな屋上に行う防水工事のひとつです。

液体状のウレタン樹脂を複数回塗ることでつなぎ目のない防水層を形成し、雨水の浸入を防ぎます。

施工も簡単なうえに、安価なので最も主流な改修用防水工事です。

液体状のため、屋上、ベランダ、バルコニーなどどんな形状の場所にも採用

できます。

86591df15e218817ca4075bef85fe3b7_s

 

ただし人の手で塗るため、専用の機器を使用しない限り完全に均一な厚みにはなりません。

また乾燥にも時間がかかり、その間は歩けないので、マンションの廊下など施すには不向きです。

デザイン性がないという懸念点もありますが、性能的に目立った短所はありません。迷ったらウレタン防水と言っても過言ではないでしょう。

 

□ウレタン防水の注意点

ウレタンはホームセンターやネットでも販売されています。

材料を揃えて自分で改修することも可能ですが、基本的には業者にお願いしましょう。

また、業者を選ぶ際にも3社以上にお見積もりを取ることをおすすめします。

なぜなら、ウレタン防水は道具さえあれば改修できてしまうスタンダードな防水工事で、専門的な知識がなくても出来てしまうためです。

 

またきちんと工事を行わないと、被害が拡大することもありますので業者に頼む際はしっかりと見積もりを取り、業者任せにしないでしっかりと自分の目で確認することが大切です。

 

□工事後の注意点

工事保障やメンテナンス、アフターフォローなどのサービスを充実させている業者が多いです。そのあたりもチェックしましょう。

また、保証期間は何年なのか、またなぜその期間なのかをはっきりさせ、必ず書面で出してもらいましょう。

口頭だけの約束は、後々何かあったときのトラブルになりかねません。

 

 

◆日栄商工のつよみ=技術力×提案力

 

いかがでしょうか。

沢山の特長を持つFRP防水工事は、日栄商工の主力技術の1つです。

 

 

日栄商工のつよみは最先端で確かな施工技術と、経験豊富なスタッフによる適材適所の提案力です。

雨漏りでお困りのお客さま、雨漏りの疑いがあるお客さま、築年数が経ち住宅の点検をお考えのお客さま。

お気軽に日栄商工へお問い合わせください。

 

 

日栄商工の誇る防水施工技術~FRP防水~


 

 

こんにちは。

最近はグッと気温も下がり、冬の足音が聞こえてくるようです。

寒暖差が激しく、体調を崩しやすい時期ですので皆さま体調にはお気をつけください。

 

 

今回は日栄商工株式会社が年間約5000棟の施工数を誇る、防水工事の中から「FRP防水」という施工方法をご紹介しようと思います。

 

 

 

◆FRP防水とは

 

FRPはFiberglass Reinforced Plasticsの略称で、「ガラス繊維とポリエステル樹脂を混ぜ補強されたプラスチック」という意味です。

FRPは強度・耐水性・成型性などに優れており、防水工事以外にも船や自動車などにも使用されています。

 

 

そんなFRPの特性を防水分野に応用したFRP防水の特長はどんなものがあるのでしょうか。

 

 

 

◆FRP防水の特長

 

●耐久性・耐水性・耐食性・耐熱性・耐候性

FRP防水で使用されるFRP塗膜は、3~5kg/㎡ほどの軽量でありながら補強材を混ぜることで耐久性に優れています。

また風化や熱にも強く、耐食性・耐熱性にも優れています。

この強靭さを活かし、車両の走行にも耐えられるため屋上駐車場の防水工事で多くの実績があります。

 

●速硬化性によるスピード施工

FRPに含まれる樹脂の硬化速度は非常に速く、施工後1~2時間程度で塗膜が形成されます。

耐久性を上げるために重層仕様にしても、1日で施工を完了させることができるスピードも特長の1つです。

 

●見た目が綺麗

FRP防水は上述のように塗膜防水なので、シート防水とは違い繋ぎ目がありません。

その為、施工後の外観も美しく仕上がる点が特長と言えます。

 

 

 

◆日栄商工のつよみ=技術力×提案力

 

いかがでしょうか。

沢山の特長を持つFRP防水工事は、日栄商工の主力技術の1つです。

 

 

日栄商工のつよみは最先端で確かな施工技術と、経験豊富なスタッフによる適材適所の提案力です。

雨漏りでお困りのお客さま、雨漏りの疑いがあるお客さま、築年数が経ち住宅の点検をお考えのお客さま。

お気軽に日栄商工へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


NICHIEI GROUP

  • 日栄商工株式会社
  • 株式会社ニチエー
  • 株式会社ハイレンハウス

〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-23-7

TEL:03-3779-4661 FAX:03-3779-4787